歴史の教科書では葬られた真実を知る。



 世界で1番、どこの国にもビザ無しで、
決められた期間、外国に滞在出来る世界最強のパスポートは
日本のパスポートなのです。

この事実を知っていますか



画像



それは、日本人が
世界に対して、「信頼」を勝ち得ていると言う事実なのです
 

他の国のパスポートでは
VISAがなくては、ほとんどの国に長期滞在はできません。
日本のパスポートは、アメリカ合衆国なら
VISAなしで、何と90日間も滞在できます。

だから、日本のパスポートは、海外旅行中に盗難の被害にあい易いのです。

こんな、すごい魔法のパスポートは、世界中、どこを探しても見つかりません。

日本人として生まれただけで
こんな特典をもらっているのに

知らない人、考えた事もなかった人
無頓着な人がほとんどだと思います。
他の国では、パスポート自体、簡単には発給してもらえなかったりするんですよ



 島国の日本で暮らしていると
分からない事がたくさんあります。
私もそうでした。

 でも、海外に出てみると
視点が世界に変わります。


画像


 LAには、世界中の人が住んでいます。
肌の色、食べる物、言語、常識、文化
考え方、それぞれです。

画像
画像



 差別もあります。まぎれもなく。


 そんな中で、日本人は
どんな人種からも「好かれて」います。
韓国人、中国人からを除いて。
(彼らの日本人への偏見は異常だと思います)


 この、「日本人に対する良いイメージ」は
世界中に住んでいた、
先人の日本人が、いつも他人に対して
良識を持って接してくださったからこそ。の恩恵です。
最近になって、豊かになった国が
お金を出しても、手に入れることなど決して出来ない
日本人の美しい心、作法、思いやりが作ってきた歴史なのです。
 本当に、感謝しなければいけませんね。



第二次世界大戦と言う、悲しい歴史があります。


 そんな中で、母国が敵国の日本であるというだけで
全ての財産を奪われた日系人は
強制収容所に入れられました。

画像




画像



これから手荷物ひとつで
過酷な環境に送られると言うのに
当時の日系人の方は
全員、正装し
文句を言わず、整列してバスに乗ったと
聞きました。
涙が出ます。。。

画像



画像



彼らは、移民でしたが
2世、3世はアメリカに生まれたアメリカ人です。
それなのに、母国が日本だと言うだけで
財産も家も、全て剥奪され迫害されたんです。
理不尽極まりないですよね

画像



画像


LAのダウンタウンにある
この博物館(クリックしてください)
行った事がありますが
馬小屋のような小さな部屋に10人以上が寝泊りしていたり
本当に、ひどい環境です

それでも、当時の日系人の方は
日本人の誇りを失わず、作業に勤しみ
敵であったアメリカ人にも、忠誠を尽くしていたんです。
本当に頭が下がります。。。


画像


私の親友、REIちゃん
こういった大切な事実を歴史に埋もれないようにする為の活動をしています。


彼女は、私と同じ年で
子供の頃に、当時のソビエト連邦共和国に住んでいた経歴の持ち主。
グローバルな視点を持っていて
なかなか面白い人なのです

 こういう活動が出来るのって
素晴らしいなーと思います。

 思っていても、なかなか行動に移さない人が多いですからね。

REIちゃんのイベントの詳細はコチラです






戦争とは何か?
戦争を起こさないコミュニティとは?  - シリーズ1 戦争体験者と語る
「私達のコミュニティの平和が築く戦争のない世界」

   日時:5月30日土曜日 午後1時から3時

   場所:未定(トーランス付近を予定しています)

   主催: プロジェクト - Veterans memories for our Peaceful community



このイベントでは、第二次世界大戦中、日系アメリカ兵として戦争に参加した日系人の貴重な体験談を聴く事ができます。

戦時中、いかに彼らが迫害されてきたか、
また、戦争がどんなに過酷なものかを実感し、もう2度と、新たな戦争を起こさない為
今私達に、地元コミュニティーレベルで何が出来るのかを話し合うものです。



日系人は、第二次世界大戦中、アメリカ市民であったにもかかわらず、
祖先が敵国の日本から来た人達であるという事を理由に、
市民権を剥奪されたり、過酷な環境の強制キャンプに追いやられたりしました。
そんな不等な扱いを受けたにも関わらず、
アメリカへの忠誠心を見せる為に、彼らは自ら志願してアメリカ兵として参戦しています。

私達は、ロサンジェルスという「人種のるつぼ」に住んでおり、
毎日様々な人種や文化をごく身近に体験することができます。
各国の食べ物やそれぞれの歴史の中で作られた文化を楽しんだりできることは素晴らしいことですが、
時には人種間での争いが起こります。
自分とは異なった人たちを理解し、一緒に楽しむことが世界に平和をもたらすきっかけとなるのであれば、
私達はは正しい事実を知り、お互いに話し合うことで
何か、解決できるのではないでしょうか?
もっと、歩み寄れるのではないでしょうか?

戦争を体験した人の貴重な生の声を聞き、彼らの体験を新しい時代に引き継いでいきませんか?
そして、一人ひとりが地元コミュニティの平和を考え、創造する可能性を作り出しましょう!


(お断り) ★このイベントはいかなる団体や思想にも属しません。みなさんの自由な発想を歓迎します!
      ★宗教団体への加入や、セールス目的での参加は出来ません。



※ 興味のある方はぜひ レイ (kurarei@gmail.com)までご連絡下さい。



(ENGLISH)

Local Community Speaking Series:
Veterans Peace Discussion # 1

How can we create a world
without war?


Come engage with Japanese-American War Veterans who will be sharing their stories and insight about past war experiences and a future of peace…


Date: May 30th, 2009
Time: TBA
Place: TBA
By: Project "Veterans memories for our peaceful community"





Our peaceful community is based on the history of wars and veterans in varying degree. All the wars were fought on the grounds of honor and justice. But the cost of the wars are destructions, innocent victims, hatred and anger from the violence.
We have had too many sad experiences and memories from the wars.

Let's listen to the stories of veterans and think about the responsibility we can take to live in our peaceful local community. If we know about the disasters and the grieves of wars, we should not want to start a war.

This time, we will have 3 Japanese-American veterans who fought in WWII or the Korean War. They lived in the internment camps and made extraordinary sacrifices in the wars. Their experiences are beyond our imagination.

This event is open to everyone and it's not organization oriented. It's charge-free and complete free thoughts.

Let's take on the experiences and memories of veterans.

Let's come together and exchange ideas to create and develop peace in our community !




画像
画像
画像


日本人である私が
今こうやって、かつての敵国であったアメリカ合衆国に住むことが出来ること、
日本人と言うと、みんなに親切にしていただけること
素晴らしいパスポートを所有していること、
戦争を経験せずに、生きていられること、
これらは、決して「当たり前」の事ではないんです。


どんな境遇においても
礼を尽くしてくださった、先人の方のお陰です。
有難いなー。
感謝します。



2009年は、この「ガイドブックでは教えてくれないロサンゼルスの話
1日に1000ヒット以上を目標にしています
リンクフリーですので、
皆さんのブログや、MIXIのトップページに、どんどんリンクしてくださいね
「この下のタグと、その下の小さいマーク」を、1日に1クリック是非おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ


人気ブログランキングへ

大きい方のタグが、表示されない!と言う方は
こちらでお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


どうもありがとうございました!
明日も宜しくお願いします





[ロサンゼルス] ブログ村キーワード http://blog.us-lighthouse.com/ping/
http://blog.with2.net/link.php?753472
http://pingoo.jp/ping/
http://pingoo.jp/parts.html


画像


画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

田中
2009年05月10日 08:12
次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント2
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1241496768/

現在amazon11位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

非常に有名な本です。

右寄りの方は「基礎知識」として、
左寄りの方は「敵を知る」ために、
ぜひ御一読ください。
ワインセラピスト
2009年05月10日 17:21
REIちゃんの存在もうれしいですね。
「ありがとう」
このエントリー、好きだな。
祖先に感謝する気持ち、みんなで共有したいものです。
ハワイなんかも顕著ですよね。
当時の日系人のおかげで親しい関係にある。
けれど現在、旅の恥はかき捨ての方もおられて
そういう方に、読んで欲しいエントリーです。
LINDA
2009年05月10日 17:36
ワインセラピストさま

 先日、カオリ・ナラ・ターナーの
講演会に出かけたとき
彼女が話してくれた言葉で
「ご先祖さま、親は根っこです。
 私達は、その枝。
 根っこに栄養をあげずに
 花が咲くことはないんです」
と言うのがありました。
 そういう考え方、大切だと思います。
先ほど、日本からの観光客の20代前半くらいの
男4人が、
周りの人が変な目で見るくらい
大声で日本の歌謡曲を歌っていて
情けなかったです、。。
 自由は、そう言うことじゃないぞ!
ゆた。
2009年05月11日 10:07
日本で発行されるパスポートが
そんなにも威力があるなんて、
ぜんぜん知りませんでしたよ。
ありがとう。ベンキョウになった!
戦争を、体験していなくても、過去の事実に教訓を得たり、いま、世界のどこかでおきていることに、自分なりの考えをもったりすることは、大事なことです。
わたしの父は、第二次世界大戦終戦前に、祖父の仕事の関係で生まれてすぐ渡り、6歳まで中国にいました。
祖父の仕事が国家に守られ、かなり裕福に生活していたようです。
幼い父のその当時の経験談から、日本が負けたとなったらの、中国人のあり方の凄絶さに、脅威を覚えます。
日本人もそうだったのかもしれない、戦争とは、なにか感覚を麻痺させるものなのかもしれない。だからこそ、史実から、(みせかけは)平和な今を生きる自分が学び感じることが大事なのです。
あや
2009年05月11日 11:37
はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいています。

私は旅行でしか海外に行ったことがありませんので
肌で感じるもの はわかりませんが、
以前こんな記事を読みました。

http://diamond.jp/series/chinabiz/10009/?page=1
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=93646&servcode=400§code=400

上海に勤務している友人(日本人)が言っていましたが、
上海では日本人に憧れている若い中国人世代も
多いとのこと。
職場の数人の若い中国人女性の夢は、
日本人と結婚することだそうです。

天津に留学していた友人は、現地で中国人にものすごくもてて、おどろいたと言っていました。
少しずつですが、中国人の日本嫌いも変化してきているように思います。

本題とは関係ない話で申し訳ありません。
失礼いたしました。
LINDA
2009年05月11日 14:54
ゆた。さま

 そうなのです。
日本のパスポートは
北朝鮮と南極だか以外は
ほとんど渡航許可されている
マルチな物です。
アメリカ人ですら
キューバは行けませんしね。
これってすごいんです!!

 戦争は、確かに色々な悲劇を生みますね。
ただ、その後、
いちまでも恨んで、非を認めない国もあれば
日本のように、
雑草のように立ち上がって
人を憎まない国もあるということですよね。
LINDA
2009年05月11日 14:59
あや。さま

 いつも読んでくださってありがとうございます。

韓国と中国は
嘘をついてでも
利益を追求したり、人を陥れたりするのが
平気なところが苦手です。
 アメリカでも、この2国は
どの国の人にも敬遠されています。

 最近は、状況が変わりつつありますが
日本の報道が偏っているので
あまり信用できません。

 10億人もいたら
中にはいい人もいますけどね。
 私は韓国人も中国人も友人が何人かいますが
根っこは、合わないなー。と感じてしまいます。

 どうしてロサンゼルス暴動が起こったのか
調べてみると良くわかりますよ、。
Yuji
2009年05月11日 20:32
はじめまして。
ワインセラピストさんのとこで
いつもお名前拝見してます。

エントリーとても共感します。

さて、では、今ここから、
そのもう一歩先に、何が生まれてくるのでしょうね。

決して両手離しではありませんが、
それでも
楽しみにしています。

http://blog.livedoor.jp/crossroad4/
あや
2009年05月11日 23:18
なるほど~
本当に、日本の報道は偏っているので、LINDAさんのエントリーはいつも参考になります。
そして読むと元気が出ます。
これからも楽しみにしています。
LINDA
2009年05月11日 23:43
Yujiさま

 ご訪問ありがとうございます。

この一歩先は、ちょっと怖いです。
日本人が元気がなさ過ぎて。
韓国人のアメリカ進出は目覚しいし、
日本のマスゴミは、嘘の韓流ブームを起こすし
日本に帰るたびに
この国は、既に乗っ取られてると感じてしまいます。
 裏社会は、既に中国&韓国じゃないでしょうか?

ジャッキー・チェンの新作映画まで
そう言う話になってるのも驚きます。

 日本固有の島が
韓国人の不動産屋に買い占められていたり
日本国籍が、DNA検査もなく取得できたりする法律が
たったの3時間で可決された事の危険性を
本当に考えている日本人は
いったい何人いるんでしょう?

 LAに住むと
その怖さをひしひしと感じます。

ワインセラピストさんや、
Yujiさんのような感覚を持つ人が
たくさんになると良い未来が待っていると思います。
LINDA
2009年05月11日 23:47
あや様

わー!私のブログで元気がでるなんて
本当に嬉しいです

 また遊びにいらしてくださいね

この記事へのトラックバック